jimako

アクセスカウンタ

zoom RSS LENKA 「LENKA」

<<   作成日時 : 2016/04/26 13:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
LENKA 2008年のアルバムです。
今の季節に ぴったりの
なんかもう スキップしながらお散歩
みたいな感じ

とにかく「The show」がいいですね
ブラッド・ピッドの映画「マネーボール」で
娘がパパに 歌を送るエピソードで
恥ずかしそうに 早口気味にうたっているのが
「The show」の替え歌です。

小さい子にも口ずさめるやさしいメロディーって
今 なかなかないですね。

LENKAはもともとオーストラリアの女優さんだったので
ガールズパワーポップダンス系の流れには
ならなかったのかも。

レコード会社が売り込もうとすると
色々あるのでしょう
先日 急死したPrinceもワーナーと
いろいろあって アーティスト名を記号にして
読めなくすることで
レコード会社への嫌がらせをしたのは有名な話です。

昔はもっとアーティストが色々 自分の考えを主張していたような
気がします。
政治的なことや世界情勢 戦争の是非など はっきり言っていましたよね。

音楽界での流行スタイルもあるのでしょうが 反戦歌や「ライブ・エイド」
のような活動しているアーティストがみられなくなった?
というか そういうことをしていると メディアでとりあげてもらえない
のかも

U2のボノはアイルランド出身なのでアイルランド紛争のことを
歌っているものが けっこうあったのですが
今は封印しているのですかね。

日本でも「反戦歌」なんてジャンルはなくなってしまいました。
かつてブルーハーツの「青空」とか チェルノブイリの歌とか
ロックミュージシャンたるもの その手のものを何曲か作っているイメージが
ありますが
今 そんなこと歌う人はいません。

俳優の石田純一さんは2015年10月 安保関連法案反対デモに参加して
スピーチしてから 仕事が無くなり
干されてしまったとか

なにかおかしい

世界のあちこちでテロが起きたり 世界経済もおかしくなって
不正の暴露合戦がはじまっている
なんか 嫌だよね おかしいよね 不安だね
と感じている人は 誰もいないのでしょうか。

そういうことを AKBの人やジャニーさんたちに歌って
もらいたいわけではなく
アイドルの歌い手さんは アイドルのお仕事をすればいいのですから

ロックミュージシャンやアーティストを 名乗っている人たちは
何も感じないのか 自分の考えを主張しないのか

まあ、それを実際やってしまうと 仕事が無くなってしまうのですが

最近で印象にのこっているのは
Do as infinity「夜鷹の夢」2005 
それなりに知名度があるグループのアルバムにも収録されている
「反戦歌」はこのぐらい コソボ紛争・アフガン侵攻に対するもの?

しかし、これもなあ〜 タイトルが残念というか なにそれ?
曲名「Nighthawk」でよかったんじゃないかな
関係者で「夜鷹」ってこういう意味もありますけど いいんですか?
確認する人いなかったのかな

「夜鷹」は江戸時代の最底辺の××× という意味もあるのだが

それはともかく
思ったこと やりたいことをやった ということは評価できます。

その後 こういうことをやる人がでてこない。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
LENKA 「LENKA」 jimako/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる